トップページ > 屋久島って?

屋久島って?About Yakushima

屋久島ってどこ?

屋久島は本土最南端・鹿児島県佐多岬の南南西約60km海上にあります。 住所は、「鹿児島県熊毛郡屋久島町」になります。

屋久島の概要

人口はスカイツリーのお膝元、東京都墨田区向島の約14,000人(H24.4)よりも少なく、面積は山手線内の面積の約7倍あります。

屋久島口永良部島
よみかたやくしまくち(の)えらぶじま
位置佐多岬の南南西約60km屋久島の西約12km
面積504.88km238.04km2
島の形状ほぼ円形ひょうたん型
海岸線長約132km約50km
最高標高1,936m657m
人口約13,500人約150人

「世界自然遺産」屋久島

屋久島は1993年12月11日、白神山地とともに日本初の世界自然遺産として正式に登録されました。 特に「標高による連続植生、植生遷移や暖温帯の生態系の変遷等の研究における重要性を持つこと」や、 「ヤクスギを含む生態系の特異な景観を持つこと」などの特徴が、学術的に大きな価値をもつものとして評価されました。
世界自然遺産登録が素晴しい事であるのは言うまでもありませんが、遺産前、更には昭和39年の国立公園指定以前から、 屋久島を訪れた植物、動物学者達は「類を見ない島」「人類の至宝」と評価しています。
「連続植生、生態系変遷の重要性、生態系の特異景観が素晴しい」等と言葉を並べるよりも 「世界自然遺産である」と一言でその素晴しさを表現できるように、 屋久島にとっての「世界自然遺産」は、名詞ではなく形容詞である、と言えるのです。

様々な機関によって認められた屋久島
名称登録地登録機関
世界自然遺産10,747ha(島の約20%)ユネスコ
国立公園20,989ha(屋久島の約42%)環境省
国立公園3,577ha(口永良部島全域)環境省
特別天然記念物屋久島スギ原始林文化庁
天然記念物ヤクシマカワゴロモ生育地文化庁
ラムサール条約湿地永田浜IUCN
日本百名山宮之浦岳深田久弥氏
新日本百名山永田岳岩崎元郎氏
日本の音風景百選千頭川の渓流とトロッコ旧環境庁
日本の名水百選屋久島宮之浦岳流水旧環境庁
日本の滝百選大川の滝全国一般公募
日本のかおり風景百選屋久島の照葉樹林と鯖節環境省
日本の森林浴の森百選屋久杉林 林野庁
新日本の銘木百選縄文スギ花博協会・読売新聞社
日本の自然百選屋久島の自然林朝日新聞社・森林文化協会
日本の地質百選屋久島日本の地質百選選定委員
日本の秘境百選屋久島原生林雑誌「旅」
水源の森百選宮之浦岳国有林林野庁
森の巨人たち百選縄文杉・紀元杉・弥生杉林野庁